So-net無料ブログ作成
検索選択
子育て ブログトップ

体罰は許せない [子育て]

体罰が原因で高校生が自殺したとされる報道がありますが、
どうしようもなく悲しい気持ちになります。
心からご冥福を申し上げます。

自分が取り上げた赤ちゃんたちが、大きくなって、学校に行き、
そこで、体罰を受けるなんて、
考えるだけでも悲しくなります。

でも、ボクの場合、
産婦人科医としてではなく、
何よりも、一人の人間として、残念で悲しい。

どうして、自殺した生徒を守ってやれなかったのか?
彼の「一人の人間としてのアイデンティティー」を
受け入れ、認め、抱きしめてあげることができなかったのか?
あまりにも短い人生です。

虐待のニュースでも、むなしく、悲しい気持ちになりますが、
ボクにとって、体罰のニュースがとても悲しいのは、
自分が受けた体罰を思い出してしまうからです。

ボクが小学4年生の時、
担任の先生から体罰を受けてました。
もちろん、自分だけではなくて、クラス全員です。
頬を叩くはもちろんのこと、
耳をちぎれそうなくらい引っ張ったり、
おしりを蹴られたり。
みんな泣いてました。

毎日放課後に、クラス全員で歌の練習が始まりました。
ある女子がみんなで歌を歌いたい、と言い出したのです。
合唱コンクールの練習でも何でもなく。
きっと、先生が喜ぶと思ったのでしょうか。
たいした時間ではないのですが、それに参加すると、
学習塾に遅刻します。
塾がある日には、走って家まで帰りました。
ある日、ボクは、塾に遅刻せずに行きたい、どうにかならないか?
と先生あてに日記で書いたことがありました。
先生が教室の前のデスクで順番にみんなの日記を順番に読んでいるのを
どきどきしながら見ていました。
自分のノートを先生が手に取り、読み始めました。
それを読んだ先生は、顔を真っ赤にして逆上しました。
パンッとボクのノートを机の上にたたきつけて、
ボクを睨みつけています。
そして、みんなの前に一人で立たされて、1時間以上叱られました。

「自分一人だけ、勉強して、それで賢くなれると思うのか?」
「おまえは子供じゃない、小さな大人だ、気持ち悪い。」 

それ以降、ことあるごとに、
塾で勉強していることで責められました。

ボクは、この担任の先生から教えてもらったのは
「人を憎む気持ち」だけでした。
毎日、夜になるとつらくて、くやしくて、泣いていたことを覚えています。

それから40年、ボクはどんなことがあっても、
この先生以上に、人を憎んだことはありません。

教育は簡単ではありません。
言葉だけでは教えることが難しい場面もあるでしょう。
しかし、
体罰が教えるものは、
悲しい気持ちや人を憎む気持ちでしかないと思います。

「言ってもわからんヤツはしばかんとわからん。」
関西ではこういう言い方もしますが、
1回しばいてわからんヤツは、100回しばいてもわからんのです。
99回目に、「なるほど!」って気づくと思いますか?

言ってもわからんとしたら、別の言い方で言うべきです。
それこそが上手な教え方だと思います。

体罰は、その子供の人格を否定するものです。
人格を否定することを前提にした教育は存在しません。

自分の悲しい過去の記憶から、
これだけは言いたい。

体罰は許せない。

nice!(7)  コメント(16) 
共通テーマ:妊娠・出産

双子ちゃんたちが大集合! [子育て]

先日、うちの病院では双子の同窓会がありました。

それは、あるひとりの助産師さんの長年の夢でした。
ボクと同じ時期にうちの病院に就職した方です。

「いつか双子ちゃんだけの同窓会をしたい。」
うちの病院に就職したころからの彼女の熱い思いは消えることなく続いていたのです。

双子ちゃんは見ている分にはかわいいけれど、子育てとなると大変です。
授乳も大変、一人が風邪ひいたら、もう一人も風邪ひくし、それも、少しずつ時期をずらせて。
おんなじ様にかわいがって抱っこしないといけないし、順番をつけてもいけないし・・・。
そんな双子ちゃんの子育てには、同じ子育てを経験をした先輩がいて、苦労話を聞いてみるだけで、ホッとできたり、あるいは、こっそり手抜き?のアドバイスをもらったりできる場所が必要なのです。
あるお母さんは、同じ年頃の双子の子を持つお母さんよりは、数年年上の子育てをされたお母さんのアドバイスが欲しいとおっしゃってました。

そういった意味で、実際、双子の会は全国にたくさんあります。

もともと京都は全国でももっとも双子ちゃんが多い都道府県だそうですが、
うちの病院はNICUがあるため、そのなかでも特に双子ちゃんが多いのです。
うちの病院では、20人に一人が双子ちゃんのお母さんです。
子供の数にしたら、10人に一人です。

うちの病院で、双子ちゃんの同窓会がないことの方が不自然なのかもしれません。

全部で、40組くらいの家族が来られました。
その中には三つ子ちゃんも2組いました。上は7歳から、下は今年生まれたばかりの赤ちゃんです。
お父さんやお母さん、双子ちゃんの兄弟・姉妹も出席すると、総勢120人を軽く超えてしまいました。

あらかじめ、出席を取っていたので、混乱しないか、子供たちが怪我とかしないか、あれこれ想定して、準備をしました。
助産師さんたちは子供たちが遊ぶゲームなどを手作りで準備していました。

 「100人近くの子供があちこちで暴れたら大変やなぁ。 どうなることやら・・・。」

と、ボクも「会場整理のおっちゃん」として参加しました。

来る顔、ひとりひとり(いや、ふたりふたり??)を見ていると、妊婦健診やお産の時のことを思い出して、なんとなく胸が熱くなりました。
最初のころは、ジーンとして言葉が出ないのです。
半泣きになりそうな気分を押し殺していると、ボクが名前を思い出せなくて困っていると思ったのでしょうか、
「先生、〇〇です。 お久しぶりです。」
と自己紹介してくれるのです。

 「知ってますよ。 〇〇さん。 たしか、妊娠28週で救急車に乗って、△△医院から入院でしたよね? 御主人は今も競馬が趣味ですか?」

なんて話してしまうのです。
久しぶりなので顔と名前がちゃんとと一致するか心配でしたが、まったく大丈夫でした。
何人か分かりにくかったのですが、それは、お母さんが「キレイ」に変化していたからでした。

 「妊娠中、そんなに美人だったかな?」
なぁんていったら、「前はどうだったんや?」と怒られるかもしれないので言いませんでしたが、お母さんたちはそれぞれ、子育てにやつれているどころか、どちらかというと、光り輝いて見えました。

そして、なによりも感動したのは、こどもたちです。
みんな元気だから遊びに来てくれたのだろうけれど、何の混乱もなく、整然と、おりこうさんに遊んでいます。

生まれたときから、『ふたり』の彼らは、こんなにたくさんの人数があつまってざわざわしていても、ちゃんと自分の遊びの順番を守り、なかよく誰とでも楽しめるのでした。

 「なるほど。 ふたごちゃんのお母さんも子育ての達人なら、その子供たちの彼らは、集団生活の達人なんや。」

妙に感心しました。

予定の2時間はあっという間に過ぎ、楽しかった、楽しかった、と口々に皆さんは帰って行きました。

そして、一人一人の顔が小さくて認識できないほどの全員で撮った集合写真を見て、
会場整理のおっちゃんは、ただただ、ジーンと感動し続けていました。

 「それにしても、よう頑張ったなぁ。」

産婦人科医をしていて、最高に幸せでした。

開催してくれた助産師さん、集まってくれた皆さん、本当にありがとうございました。


nice!(4)  コメント(8) 
共通テーマ:妊娠・出産

楽勝ですよ! [子育て]

先日、1ヶ月健診にひとりのお母さんが来られました。

  「どうですか?お元気ですか?おっぱいよく出てますか?」
「元気ですよ。 母乳も100%いけてます。 今回は楽勝ですよ!」
  「すごいですね~。」
「一人やったら、ね。  ははは・・。」

このお母さんは、一回目のお産が双子でした。かわいい女の子が二人でした。
そして、4年近くたって再びお産になったのですが、今回は男の子が「ひとり」でした。

赤ちゃんが一人でも二人でも、お産が不安なのは同じだと思います。
一回目でも二回目でも、やっぱり同じだと思います。
でも、子育てに関しては二回目以降がやっぱりラクだと思います。
少なくともボクはそう思っていました。

このことを家に帰って奥さんに話したら、
「そのお母さんは、きっと、何人産んでも、『楽勝~!!』ってできちゃう人なのかもよ。」

そういわれれば、そうかもしれません。
たぶん、一回目のお産も大変だったかもしれませんが、楽しんでやっておられたと思います。
(っていうか、上のお子さんたちもまだまだ子育て中なんですが。)
子育ての大変さ・壮絶さは、実際にしてみないとわからないのだと思います。

ただ者ではない、「凄み」すら漂わせているお母さんに出会うと、
お産というものが、長い子育ての単なる一瞬の通過点であることに改めて気づくのです。

産婦人科医として、その「一瞬」を大切にしたいものです。


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:妊娠・出産
子育て ブログトップ
メッセージを送る