So-net無料ブログ作成
検索選択

体罰は許せない [子育て]

体罰が原因で高校生が自殺したとされる報道がありますが、
どうしようもなく悲しい気持ちになります。
心からご冥福を申し上げます。

自分が取り上げた赤ちゃんたちが、大きくなって、学校に行き、
そこで、体罰を受けるなんて、
考えるだけでも悲しくなります。

でも、ボクの場合、
産婦人科医としてではなく、
何よりも、一人の人間として、残念で悲しい。

どうして、自殺した生徒を守ってやれなかったのか?
彼の「一人の人間としてのアイデンティティー」を
受け入れ、認め、抱きしめてあげることができなかったのか?
あまりにも短い人生です。

虐待のニュースでも、むなしく、悲しい気持ちになりますが、
ボクにとって、体罰のニュースがとても悲しいのは、
自分が受けた体罰を思い出してしまうからです。

ボクが小学4年生の時、
担任の先生から体罰を受けてました。
もちろん、自分だけではなくて、クラス全員です。
頬を叩くはもちろんのこと、
耳をちぎれそうなくらい引っ張ったり、
おしりを蹴られたり。
みんな泣いてました。

毎日放課後に、クラス全員で歌の練習が始まりました。
ある女子がみんなで歌を歌いたい、と言い出したのです。
合唱コンクールの練習でも何でもなく。
きっと、先生が喜ぶと思ったのでしょうか。
たいした時間ではないのですが、それに参加すると、
学習塾に遅刻します。
塾がある日には、走って家まで帰りました。
ある日、ボクは、塾に遅刻せずに行きたい、どうにかならないか?
と先生あてに日記で書いたことがありました。
先生が教室の前のデスクで順番にみんなの日記を順番に読んでいるのを
どきどきしながら見ていました。
自分のノートを先生が手に取り、読み始めました。
それを読んだ先生は、顔を真っ赤にして逆上しました。
パンッとボクのノートを机の上にたたきつけて、
ボクを睨みつけています。
そして、みんなの前に一人で立たされて、1時間以上叱られました。

「自分一人だけ、勉強して、それで賢くなれると思うのか?」
「おまえは子供じゃない、小さな大人だ、気持ち悪い。」 

それ以降、ことあるごとに、
塾で勉強していることで責められました。

ボクは、この担任の先生から教えてもらったのは
「人を憎む気持ち」だけでした。
毎日、夜になるとつらくて、くやしくて、泣いていたことを覚えています。

それから40年、ボクはどんなことがあっても、
この先生以上に、人を憎んだことはありません。

教育は簡単ではありません。
言葉だけでは教えることが難しい場面もあるでしょう。
しかし、
体罰が教えるものは、
悲しい気持ちや人を憎む気持ちでしかないと思います。

「言ってもわからんヤツはしばかんとわからん。」
関西ではこういう言い方もしますが、
1回しばいてわからんヤツは、100回しばいてもわからんのです。
99回目に、「なるほど!」って気づくと思いますか?

言ってもわからんとしたら、別の言い方で言うべきです。
それこそが上手な教え方だと思います。

体罰は、その子供の人格を否定するものです。
人格を否定することを前提にした教育は存在しません。

自分の悲しい過去の記憶から、
これだけは言いたい。

体罰は許せない。

nice!(7)  コメント(16) 
共通テーマ:妊娠・出産

穏やかな当直 [産婦人科医]

すこしばかり過ぎてしまいましたが、
新年明けましておめでとうございます。

このブログのプロバイダーであるso-netでは、
定期的にセキュリティIDやパスワードを変更する必要があるそうで
変更を勧めるメールを無視していたらロックがかかってしまいました。
それで、年末年始の更新ができませんでした。

かといって、どうしても皆さんに伝えなくてはならない大事件もなく、
淡々と忙しい毎日を送っておりました。

クリスマスには、今年もボクにはサンタさんは来ませんでしたが、
お正月にはしっかりとお休みを頂き、実家でニコニコと過ごすことができました。
ありがとうございました。

先日の当直のときのことです。

かつて、うちのある先生が、当直明けの朝に、
「昨日の当直は『完封勝利』でした!」
とうれしそうに言ってました。
大きな急変や、出産もなく、ヒマな当直であったことをいっているのです。
 「うまいこというなぁ。」
お産や救急搬送が多いうちの病院では、
いわゆる、「なんにもなかった」当直は珍しいのです。
お産や緊急帝王切開はもちろんのこと、
婦人科癌で入院中の患者さんの急変もしばしばです。

とくに、この年末あたりから、ボクが当直の時は大賑わいで、
麻酔科の若い女性のドクターが病院の当直医のミーティングでボクの姿を見ると、
「先生、今日、当直ですか? 覚悟しておきますっ!」
というくらいでした。

ところが、ついにやってしまいました。

その日は日曜日で、当直勤務は24時間でした。
朝に、不正出血の患者さんの外来受診が1名きて診察、
夕食後に子宮外妊娠の患者さんが腹痛を訴えたので診察をして、
大丈夫ですよ、って説明しました。
あとは、全く、なぁんにもありませんでした。

言ってみれば、
ノーヒット・ノーランってとこでしょうか。
(ちなみに、ヒットはあるけど9回で0点に抑えると「完封勝利」、フォアボールくらいあってもヒットがなければ「ノーヒット・ノーラン」。それもなければ、「完全試合」となります。)

 「こんな穏やかな当直で申し訳ない。ノーヒット・ノーラン。」

ニコニコして、次の朝、出勤してくる先生たちに詰所で順番に自慢をしてしまいました。

「いえいえ、先生、その昨日の当直の前日にきっちり呼び出されてたじゃないですか?」
と、ツッコミをいれてもらいました。
 「そうやった。忘れてた。」

また、別の先生からは、
「こないだの僕の当直の時は、緊急カイザー(帝王切開)に、救急搬送に、普通のお産に、ボコボコでしたよ。」
 「そうやったなぁ。 ごめんなぁ。わはは。」

自分の当直が、たった1回でも穏やかに過ごせたら、
ついうれしくなり、テンションも上がったのですが、
べつに病院のトータルの仕事量が減るわけでもないし、
少し大人げなかったかな、と反省しました。

大切なのは、スタッフそれぞれが疲れ切ってしまわないように、
最高のパフォーマンスで、うまくチームワークでこなしていくことでしょう。

ただ、他のみんなが休んでいる日曜日の当直で、大きな急変がなく、
待機している当直医も呼び出さずにすんだことはよかったと思います。

少し眠れた分、次の日の勤務も、余分に頑張ることができるのです。
nice!(4)  コメント(10) 
共通テーマ:妊娠・出産
メッセージを送る